太陽光発電の基礎知識を学ぼう!

太陽光発電の基礎知識をいくつか紹介します。太陽光発電は太陽の光を太陽電池を使って、直接的に電力へ変換する発電方式です。ソーラー発電とも呼ばれ、再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の一つです。技術的な特徴としては、発電量が日照に依存して不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和して温室効果ガスの排出量を軽減できるというメリットがあります。近年では発電コストの低減が進んで、多くの発電方法と比較して高コストではありますが、年間数十ギガワット単位で導入されるようになりました。 次の太陽光発電の基礎知識は、太陽光発電の長所です。装置の長所としては、発電部に可動部分が無く機械的に故障が起きにくいという点です。設置位置に関しては、需要地の近くに設置でき送電のコストやロスを最小化できるということです。また、蓄電池として利用でき非常時の際には電源となることができます。社会的に見ると、材料の大部分がリサイクル可能であるという点もメリットであるでしょう。 最後の太陽光発電の基礎知識は、日本の太陽電池の状況です。日本は1970年代のオイルショックから開発と普及に力を入れ、生産量や導入量で長い期間世界一でした。2000年ごろまではヨーロッパ全体より日本1国の太陽光発電量が多かったそうです。2004年ころには世界の約半分の太陽電池を生産していましたが、2010年の世界生産シェアは9%となっています。