ソーラー発電の効果とは

今話題のソーラー発電。すでに詳しくご存知の方も多いと思います。そして、ソーラー発電の効果とはどんなものか、と興味を持たれている方も多いでしょう。ソーラー発電の効果と一言で言いましても、様々なことがあります。まずは、たいていの方が興味をもたれるのが、経済的な効果。ソーラー発電した電気は、自宅で同時に使っている電気を差し引いて、余った分が、一旦、電力会社に買い取られます。差し引きがマイナスになった場合は、売る電気はなく、逆に電力会社から買い取るのみとなります。なので、夜間などは、電力は買い取るのみです。真夏の昼間などは、発電量がとても多いので、自宅で使った分を差し引いても、かなりの電力を売ることができます。よく勘違いされるのが、電気料金がとても安くなるのか、という点ですが、電気料金自体は、発電と同時に使った分だけが安くなるだけです。しかし、売った電気料金が口座に振り込みとなりますので、差し引きとしては、電気料金がとてもお得になります。ソーラー発電の効果として、もう一つ挙げられるのが、環境問題に関するメリットです。自宅の屋根で、太陽光をエネルギー源として発電するわけですから、これ以上、環境にやさしい発電法はないでしょう。もう一つ、大事な効果としては、天災に遭った場合、太陽光発電のシステム等の破損がなければ、たとえ電力会社の発電・送電が止まっても、ソーラー発電ができるという点です。大容量の電気機器などは使えませんが、ソーラー発電ユニットについているコンセントを通じて、お湯を沸かしたり、携帯電話などの充電をすることは可能です。このように、ソーラー発電の効果は、多岐にわたっています。

コメントは受け付けていません。